Whiting

Whiting

Rooster Cape 

本体価格    Silver / ¥17,000    Bronze / ¥12,000    Pro Grade / ¥9,000   1/2Bronze / ¥6,700

一言でいえばハックルの基本中の基本。ハックリングするうえでの扱いやすさ、どのようなスタイルに巻いても美しい見映えに仕上がるハックルは、さすがフライタイイングのためにこそ創り出されたニワトリの羽根。スタンダード・タイプやマッチ・ザ・ハッチ・パターンなど種類を問わずドライフライに欠かせないナチュラルカラーもほぼすべてラインナップされていますが、豊富なダイド・カラーもまた大変に魅力的です。たとえば、もしこれから本格的にフライタイイングを始められる方には、このホワイティング・ルースター・ケイプのなかから、まずはグリズリー、ブラウン、ジンジャー、そしてダイド・ブラックの4色を自信を持ってお勧めします。なぜなら、これらのカラーはビギナーのころに様々なスタンダード・パターンをとにかくたくさん巻いて練習したい時代に、数限りないドライフライ・パターンを網羅してくれるだけでなく、上達してからもずっと欠かせないハックル素材として活躍してくれるからです。

 

Rooster Saddle

本体価格 Silver / ¥18,000   Bronze / ¥13,000   Pro Grade / ¥9,500   1/2Bronze / ¥7,800

これぞホワイティング名物のひとつ、ハイテク・ハックルの妙。フックサイズ14番以下のちいさなサイズのドライフライにピッタリのハックル・ファイバーでありながら、おどろくほどに長いハックル・ストークで知られるサドルハックルです。このハックル一本で、いったいぜんたい何本のフライがハックリングできることでしょうか。もし貴方が、均一なフォルムのドライフライを大量に、また安定的に巻き続けたい几帳面な方ならば、コスト的にも、なによりも品質的にもこのサドルハックルがぴったり。また、これはほんのちょっとしたお役立ち情報ですが、このハックルはファイバーの先端が裏側(=内側)にむかって軽く湾曲しているのが特徴です。なので、その湾曲を利用して、たとえばパラシュート・パターンでしたらハックルの裏側が上を向くようにハックリングするのがコツです。するとフライがキレイに仕上がるだけでなく、パラシュート・パターンの水面でのバランスが飛躍的に向上します。さらに、流行のロングリーダーでつかうばあいなどでも、このスタイルだと空気抵抗を軽減できてアプローチの際に有利です。

 

Hen Cape    

本体価格   One Grade / ¥4,800

数あるヘンハックルのなかでも、存在感のある太いウェヴ状のファイバーが特徴的なヘン・ケイプです。通常、ウエットフライのスロートハックルによくつかわれています。が、厚みのあるハックルの質感とソフトなストークゆえの動きの良さを活かして、ハックルとしてではなく小型のサーモンフライやスチールヘッドフライ、はたまたウエットフライのウイングとしてつかってみるのも一興。また、ベテランの皆さんはネック付近の小型のハックルを、小さなサイズのイマージャー的なウエットフライの繊細なウイングにも、こっそり活用しているようです。

 

Hen Saddle

本体価格    One Grade / ¥2,400

こちらもヘン・ケイプとほぼ用途はおなじですが、より大型サイズのハックルが採れることと、ヴィヴィッドな色合いがタイイング気分をそそります。ボディハックルとしてオシャレなディーウイングやスペイフライなどのクラシック風サーモンフライもしくはスチールへッドフライから、あの必殺ウーリーバッガーなどの大物狙いの大型ニンフのボディハックルまで、アイディア次第で用途はいっぱい。

 

カラー

Whiting_ColorchartWhiting_Neck_Natural_ColorWhiting_Neck_Dyed_Color