イトウを釣る構え — WildなLife

2021.10.17

Chiba_port

 

道北の名寄に住んでいる私は、季節が来ればスペイキャスティング&スイングの釣りを楽しんでいます。いまはイトウ釣りの最終盤。やる気のある元気な魚しかこの釣りの対象ではありませんから、環境インパクトも少ないのではないかと思っています。

 

高番手ダブルハンド・ロッドのキャスティングに関しては、いろんな人が解説されていますし私の出番ではないですが、今回は大事な釣りのテクニックをすこしご紹介したいと思います。キャスティングが終わり、(できるだけ控えめに)必要なメンディングを施してスイングを行う段階の構えです。

 

Chiba02

ミディアム級までの、基本の構えはこうだと思います。グリップ上のバランスポイントを握ります

 

私なりに思うスイングの釣りの定義は、「キャストの着水後からフライが真下流に到達するまで、積極的にラインをたぐってフライを泳がせない」というものです。言い換えれば、ラインは決して一直線にはなっておらず、流れを受けてカーブを描きスイングしてきます。スイング途中で魚がフライを口にして反転した場合は、1000グレイン=65gくらいある重いラインのベリーが抵抗となりますので、セミオートマでフックポイントが口の横側に立つ可能性がとても高いと思います。活性の高いイトウが、フライの着水からスイング初期段階で襲いかかってきた場合は、あまりフッキングに悩むことはありません。最初はロッドを垂直に立てず、岸がわにぐいっと曲げてやるだけでじゅうぶん、ファイトのテンションでフックは深く刺さっていきます。

 

しかしイトウは、スティールヘッドやアトランティックサーモンといった典型的なスイング釣りの対象魚より、ちょっと怠け者だと思います。まったくフライがスイングしない反転流の中で小魚を捕食することもあたりまえで、そんな場合は流れとの境目でしか勝負できません。またスイングが完全に終了してフライが横の動きを止めた時にそっと咥え、そのまま動かずにいることも多いのです。スイング終わりでぐいんとすこしだけ重さが感じられる、そんなアタリには注意です。キャストの準備としてランニングラインをたぐろうとして、はじめて重さを感じられる時もあります。傾向として、大きいイトウほど根掛かりのような感触になるような気がしています。

 

そんな場合、アトランティックサーモンのようにラインを持って行き、リールを鳴らしてくれることはあまりありません。待っていれば、咥えたフライを離してしまいます。そこで、重さが感じられた瞬間にアワセをする動作が必要になってきます。流れきった段階のアタリに対してもっとも効率的なのは、ロッドをまっすぐに引いてセットフックすることでしょう。そのために、私はこのような構えをしています。ラインはリールから一直線に出しておきます。スコットが北海道スペシャルとして作ってくれた18フィート「カムイ」をはじめとする、メーター級を想定した大砲クラスのロッドは、片手ではとても保持できないので、両手で持ってスイングさせます。

 

 

 

 

 

 

Chiba03

 ヘビー級タックルの私の構えはこれ。アタリらしい気配があったら、ロッドをまっすぐ引けるようにしています

 

 

 

 

Chiba01

 この瞬間を、夢に見続けて……

 

 

Wild Life 店主 千葉 貴彦

SIMMS & Scott Pro Staff

刈田敏三のライズシアター(神無月)

2021.10.01

Toshi_port

 

シャックドリフターを模すには        

 

9月も半ば。まだ夏の風景なのに、ヤマメはもう色づいていたね。寂しい気もするが、その一方でニジマスを釣るシーズンが来る……ワクワクだ。秋から初冬になってもコカゲロウのハッチは続くし、エラブタだってまだまだとはいえ、夏以降のハッチは盛り上がるとは言いにくい。それでも、ライズは発生する。

 

P9300057

 

この秋ヤマメは、シャックドリフター、つまり水生昆虫の脱皮殻にライズしていた。シャックドリフターというのは、一般的に成長に伴う脱皮によって発生する。つまり、川底から脱ぎ放たれて流下する。
しかし、川底をゴロゴロと流れるわけじゃない。水よりも微妙に比重が小さいシャックは、ゆっくりだけれど必ず浮上して水面直下、サブサーフェイスをドリフトする。だから、ハッチがなくても魚はライズし、水面に波紋を見せる。まあ、わりと難しいタイプのライズシーンになるけどね。
シャックというのは、ちょっとユウレイのような透明感があるドリフター。フライのマッチングなどかなり難しそう、思うかもしれない。でもシャックの写真を観察すれば、ピンとくるだろう。

 

_1322570

 

昆虫というのは、体節=セグメントがあるのが最大の特徴。だから、ヤマメだってトラウトだって、エサか木の枝かの判断にはセグメントのイメージが体に染みついているはず。
シャックドリフターのマッチングフライには、セグメントのイメージを持たせるのが効果的だと思っている。

 

_1322542

 

今回紹介するフライは、淡色のハックルストークでセグメントをビシりと決め、水面直下をナチュラルドリフトできるパターン。ヘンハックルのファイバーを全てむしり取ったストークを使う。アブドメンのベースは、シルクフロス。これはつまり、シルクミシン糸のヨリを戻しながら巻いてボディベースにする。シルクは、顔料マーカーで染めやすく妖しいキラメキを秘めているから好ましい。

 

_1322524

 

ストークでセグメントを巻いたら、UVレジンでコーティング。最後には、カリタ式パラシュート仕様でフライを仕上げる。

 

_1322539

 

_1322557

 

これは、ストレートなロングハックルを3回だけ巻くことによって、ソフト着水と厚巻パラシュートハックル独特のタンポポ現象を避け、ハックルはあってもステルスにしてしまおうという作戦。水中写真を見てもらえばわかるように、このフライなら、シャックパターンを簡単にサブサーフェイスドリフトできてしまう……おっと、フロータントは、必ずハックル限定。

 

 

水生昆虫研究家・フライクリエイター 刈田敏三

 

 

ESSAY Sept 16

2021.09.16

Blooper

 

25年の後に

 

 

レネ・ハロップさんについては、いつか詳しいストーリーを書きたいと思っていますが、彼と知り合ったのはたしか1996年。大手量販店に勤めていたことのある稲見一郎くんの紹介で、ヘンリーズフォーク・オブ・ザ・スネークリバーの流れるラストチャンスという集落に訪ねたのがきっかけでした。彼は脂ののりきった50代初頭、奥さんのボニーさんといっしょに家内制手工業のタイイングビジネスをずっと守ってきたプライドが直ちに感じられました。

 

アメリカンFF のビッグバンには、1971年の本「セレクティブ・トラウト」、1975年の「フライフィッシング・ストラテジー」が大きく寄与していますが、筆者ダグ・スイッシャー&カール・リチャーズと親しくつきあい、彼のコンセプトを洗練されたフライで実現したのがレネ・ハロップでした。「セレクティブ・トラウト」の冒頭では、おもにヴィンス・マリナロ、アーニー・シュウィーバート、アート・フリックら東海岸の先駆者たちに言及があるのですが、「ストラテジー」はハロップ、ローソンといったロッキー山脈周辺の若い才能たちに謝辞が捧げられている事実は、その数年の間にフライフィッシングの世界が音を立てて変わっていったことを暗示しています。彼のタイイングビジネスはまさにその時期に立ち上がったわけで、ハロップさんはあっさり「運が良かった」と言いますが、成功を収めるためには並々ならぬ努力と献身が必要だったはずです。

 

IMG_7637

4人によるフライ。開いているボックスにはボニーさん考案の「パラスピナー」が

 

ブラックフット族とラコタ・スー族の血を引くハロップさんは「土地の力」を信じています。先祖たちが暮らしたこのアイダホ州をほとんど出ることがないのはそのせいで、1993年に招聘に応じて来日したのはきわめてまれな事だったようです。自分たちが生まれ育った、パワーに溢れた土地の声を聞きながら暮らすというのが彼らの日常。夏の夕暮れ、ラストチャンスの川べりには白いシボレー・スコッツデールが停まっていて、レネとボニーが山に沈んでいく夕陽を見つめています。

 

彼は言います。「急いで動くと、いろんなことを見失う。マスを追いかけるのもシカを追いかけるのも、心構えは同じだよ。ゆっくりと、注意を払い、五感を研ぎ澄ますこと。ヘンリーズフォークを釣っていると、時間の感覚は消え去ってしまう。私が立ち込んでいる場所は、60年前と同じだ。ささいな変化はもちろんあって、中州の形が変わったりはしたが、私の心のあり方は昔と変わらないよ」。知り合った頃はまだヒゲに黒いところがありましたが、76歳の今では真っ白になりました。

 

Rene_release

ウッドロード 16の、お気に入りのスポット にて

 

ハウス・オブ・ハロップは、アメリカに残った最後のフライメーカーと言って良いのですが、その販売先は全世界でわずか4つしかありません(生産が追いつかないから)。レネ&ボニーといっしょに仕事をしているのは娘のレスリーと息子のシェーン。でも彼らは定職があるのでタイイングはお手伝い程度、つまり供給量はかなり限られています。なにせ米国の3店舗では、入荷してディスプレイのケースに入れた瞬間、左右からお客の手が伸び、あっというまに売り切れというのがお決まりのパターン。ヘンリーズフォークのトラウトハンターでは、シーズン中は毎朝ハロップさんが直接足を運んでフライを納品するのですが、片っ端から売れていく。フライディスプレイの空きスペースが、最新のハッチを物語るというわけです。もしお近くのフライショップで純正ハウス・オブ・ハロップのフライを見つけられたら……僕だったらがっさり買いますね。

 

Baetis

 ベイティス。羽化に成功して浮かぶもの、羽根が水面に囚われているもの、殻を脱ぎきれないもの……

 

創業以来、何十万という桁外れの数のフライを世に送ってきた彼らの作品(そう呼ばせてください)が、1本何百円で買えるというのは奇跡のようなものです。彼らの思考、彼らのテクニックは、2冊の著書と数多いビデオ、DVDが教えてくれます。 

 

 

東 知憲

CONSERVATION Sept 01

2021.09.02

Blooper

 

フートアウル規制について

 

 

長雨かとおもったら急に酷暑がやってきて、日本全土がゆだってしまった感がある今年。ここ数日は急に秋の気配ですが、酷暑で思い出しました。聞いたことがありますか?「フートアウル」。モンタナを中心としてオレゴン、ワシントン、カリフォルニア、ユタなどの西部各州で柔軟に採用される釣り規制のことです。

 

直訳すると「ホーホーフクロウ規制」とでも言いましょうか。Hoot というのは、フクロウの鳴き声のことです。林業に従事する人たちが山火事を防止するため、極端に乾燥する正午ごろになるとみんなで声を掛け合って仕事を早上がりすると言う慣習にさかのぼるものですね(チェーンソーなどは、硬いモノに当たると火花が出ます)。西部各州の魚類動物公園局はこの「フートアウル規制」を、夏の高水温期における魚の保護のために使っています。今年は全世界的に高温が続いており、たとえばモンタナでは、7月から8月のギャラティン、ミズーリ、マディソンリバーやイエローストーン国立公園内において、釣りは深夜0時から午後2時までに限るとされました。その時間を超えると水温が急上昇し、釣り上げた魚の生存が危ぶまれるというわけですね。

 

_20210812_181529_1628855165555

高水温時には、手早い写真撮影すらも魚のストレスになる場合が…

 

米国西部のほとんどの地域で、気温が下がり安定したここ1週間で規制はおおむね解除されましたが、この臨機応変な資源保護策には見習うところも多いものです。「夏ヤマメ一里一匹」などと言いますが、果たしてその魚は水に帰して大丈夫なものかどうか? 真夏のこの時間帯に釣りをしてよいのか? 私は、夏こそ水温計を携行して、ちょっと魚がゆだってそうだな、と思えるときは釣りを止めるようにしています。自主的なフットアウル規制というわけですが、釣りの関係でそのような規制があまり採用されず、基本的に釣り人任せであるこの国では、自主規制がとても必要になってくるはずです。仮にそれが独り相撲であるように思えるときがあるとしても。

 

 

各州が提唱している、リリースした魚の生存率を高めるための指針を私なりにまとめて転載しておきます。

1. 狙っている魚に合った強さのタックルと、バーブレスフックを使いましょう。

2. 魚とのやりとりはできるだけ短めに切り上げましょう。

3. ネットは柔らかい、ラバーコーティングされたものを使いましょう。

4. 魚を扱うときはあらかじめ手を濡らし、エラを直接握らず、べたべた触らないように。魚も、できるだけ水から出さないでください。手に付いた日焼け止めは、魚に対して大きな害を及ぼす場合があります。

5. リリースするときは速い流れの中で、頭を上に向けて保持します。魚体を前後に揺するのはよくありません。

6. 自分に制限を課しましょう。

 

 

東 知憲

FISHING TIP Aug 16

2021.08.19

bigeye

 

テンション管理の練習

  

 

実際のフライフィッシング、とくに大物を狙う場合になにが大事か。適切なタックル、キャスティングのテクニック、そして食わせやアワセのテクニック……もちろん重要ですが、そんなものは教科書やメディア経由でわりと容易に学べること。それとともに「トラブルを回避するための小さな手順を練習して身につけておく」ことも劣らず大事だと思います。ちょっとした空き時間でも練習できる、「でも多くのひとがやっていない」ことを取り上げてみましょう。ラインの平行巻きです。

 

最近のワイドでラージなアーバーのリールは、巻き癖が付かずにとっても使いやすいのですが、スプールが浅溝なので、偏って巻かれてしまうとすぐにフレームやフットにこすってしまいます。こすれてしまうと、魚が走ったときに所定のドラッグ設定よりもずっと上がってしまいますのでティペット切れを起こす可能性が大。ソルトの大物釣りでも、この平行巻テクはすごく大事ですけれど、皆さんあまり意識がないようで……。

 

IMG_0742

(偏ってゆるく巻かれたライン……崩れて食い込みかかっています)

 

IMG_0744

(テンションをかけて平行に巻いたライン……安定しています)

 

私が心がけている大きな事項の1つは、キャスティングでもファイトにおいても、「ラインのテンション」。ラインを巻き取るときは、それが移動にあたってでも、魚が引き出したラインを回収する場合でも、ロッドを持つ手の指を数本使って軽くラインを挟み、左右に素早く動かしながらできるだけ偏りがないように、かつ高めのテンションをかけて巻き取ります(ベイトキャスティングリールの平行巻装置=レベルワインダーを連想すると良)。魚がかかっていない場合はラインにテンションがたりないので指の関節で挟むようにして抵抗を作り、ラインをきれいに収めます。魚とのファイト中は、魚の引きが止まってからのポンピング段階で平行巻を行いますので、だいたいテンションは足りていると思われます(魚がこっちに走ってくる場合は別)。

 

IMG_0747

 

 

ラインの巻き取りでテンションが足りず平行巻ができていないと、偏ったユルユルのコイルになってしまいます。これは、もう一回引かれると崩れたり食い込んだりしますので、良いことはまったくありません。魚をバラす可能性がはなはだ高いです。自宅でのちょっとした空き時間を使って、フィールドに出られる日を思いながら、リールを見ないで平行巻をする練習をしてみませんか。写真の様に中指や薬指、小指にラインを掛け、左右に動かしながら巻きます。十メートルくらい巻いた段階で仕上がりを目でみて確認してください。大物を狙う人なら、バッキング位置での平行巻もぜひ練習を。いざトロフィークラスがキタ!!というとき、練習しておいて良かったと思われることでしょう。

 

 

東 知憲

CASTING TIP Aug 01

2021.08.01

bigeye

 

シングル&ダブル、最後に「引く」ための準備

  

フライキャスティングにおいて絶対的に大事な部分、それは最後のフォワードストロークです。その運動によってフライは前に運ばれ、プレゼンテーション・キャストとなって魚の目の前に落ちるわけですから。そこに至るあらゆる動作や調整は、完璧な一振りのための準備作業だという理解を持っておいてください。

 

さて、まずシングルハンド・キャストの話をしましょう。できるだけ乱れを作らず、効率の良い幅で、狙ったところに落ちるようなループのカタチを作るためには、ラインのテンション管理がとても大事です。ホールをどれくらい活用するかは、釣り場や状況によって大きく変わってきますが、避けたいのは、大事なフォワードキャストでの「テンション抜け」です。このテンション抜けをいちばん簡単に予防できるのは、ラインを持つ手を、ポーズの間に必ずリールのごく近くまで戻しておくこと。

 

写真を見てください。陸上での撮影ですが、バックキャストが終わってラインが伸びきるのを待っている瞬間。ホールを終えたラインハンドは、ロッドを持つ手の真下まで戻してあります。この状態ができていると、フォワードに入った時にフライラインのテンションが抜ける可能性が大幅に下がり、ホールを加える場合にも最高のポジションです。ラインを持つ手がこれよりもずっと前の位置に来ると、フォワードキャストの開始時にテンションが抜け、ラインのベリーは下がりながら、かつテイリング気味になるという辛い状況を招いてしまいます。

 

Bill_return

 

 

次にツーハンド。下側の手は、シングルハンド・キャスティングでいうところのホール的な役割を担わせることができ、ぐいとロッドをねじ曲げることが可能なのですが、意識して練習しないと、なかなか使えるようになりません。最後のフォワードストロークでぐいっとティップを加速してやるには、上手で押しながら下手を引きつけることになるのですが、そのためには、バックのDループを作るときに下手を前に押し出しておかないといけません。押し出しが足りないと、後からの引きつけもできないわけです。

 

スペイキャスティングを教えていて、かなりの高率で見かけるエラーとして、「ソフトすぎるDループ」現象があります。バックストロークでのロッドティップのスピードが足りず、Dループにあまりテンションがないわけですが、バックストロークでの下手の軽い押し出しがうまくなると、1)Dループにたっぷりとエネルギーを与え、さらに 2)フォワードストロークでの引きつけの事前準備とすることができます。

 

私の師匠の1人であるマーク・ヒューバーさんの写真を見てください。最後のフォワードストロークの前の、この腕の位置関係を「キーポジション」などと言いますが、比較的体の近くの、きゅうくつでない位置に置かれた上手と、フォワードストロークの引きつけに備えて軽く鋭く押し出された下手から構成されます。スカンジナビアン、スカジット、そしてロングベリーのフルラインなどの別を問わず、この軽い下手の蹴り出しを練習してもらうことで、とつぜんキャストがうまく行くようになった生徒さんを多く見てきました。

 

Mark_screen

 

シングルハンドとツーハンド。キャスティングの方法は違いますが、それぞれ、スムーズなティップ軌跡に貢献し、ラインスピードをぐんと加速させるためのちょっとした注意事項があるというお話でした。ぜひ練習してみてください!

 

 

 

東 知憲

刈田敏三のテクニカルシアター

2021.07.15

Toshi_port

ライズを仕留めるノット  

 

 

フライ選択や使うノットなどは、人それぞれ。あるイベントにて。「・・・お勉強はこれくらいにして、さあ実釣タイム!!」しかしフライを結んでいた方の指先を見て・・・驚いた。フライにツノが生えているじゃないか。ただでさえ、楽勝じゃないライズを釣ろうという場面。「あっ、ティペット切り忘れてますよ」

 

tk001

 

でもそのヒトは、ヒットの瞬間にツルッとティペットが抜けることがあって、ティペットの端を短く切るのが不安とのこと。しかし滑ってしまうノットは、いずれ抜けてしまうか切れる。どっちみちダメなのだ。

 

…そうだった。昔、自分もフライフィッシング手引書のままにクリンチ系ノットを使っていた頃には、ティペットのスル抜けがあったのを思い出した。いいのをバラした後にティペットを見ると。ノットがクルクルパーマに…そうクリンチ系ノットは、構造的にティペットが抜けやすい弱点があった。ティペットをねじって、先端を押さえるだけだから、どうしても止めが甘くなりやすいのだ。だからといってギュウギュウ締め付けても、プチっと切れたりした。

 

近頃は、細くても強いティペットができて、ミッジングや極小フライを使う時にも、心配は格段に減った。とはいえ、やはりノットは、ライズを狙うフライフィッシャーにとって最後の生命線ともいえる重要ポイント。ティペットのスル抜けやアワセ切れは、絶対避けたい。

 

tk002

 

だから、様々なノットをあれこれ試してきた結果。ライズを釣る時には、こんなシンプルなノットを使っている・・・ただし結論は出たけれども、このノットの名称は調べきれていないし、ひょっとしたら本当に無名かもしれない。

 

このノットの特徴は、まず出来上がったノットが小さいこと。そして、ツルッと抜けることがなく、ティペットの持つ結束強度を損なわないこと。また、小さなフライ対応で、フリーノット的にも使えるメリットもある。つまりこのノットは、ノット自体で完結しているので、フックアイに頼って締め付ける必要がないのだ。以下に結び方写真を掲載しておく。

 

A) フックアイに通したティペット先端で、元ティペットを中にしたループを2つ作り、重ねる。

 

knot317

 

B) 二重にしたループにティペット先端を、二回通す。ピンセットを使った方が、よりスムーズにノットを作りやすい。

 

knot319

 

 

knot330

 

C) できたノットを十分に引き締める。この時にノットを水やツバで濡らせば、締め込みがスムーズになるのは、ノッティングのセオリー。ノットを指でつかんでフックアイまで持っていくか、フリーノット状態にしたままキャストするかは、お好み次第。

 

knot323

 

tk003 

 

カリタ式ノット。強いしツル抜けなし、のはず。ぜひお試しあれ。

 

 

 

 

水生昆虫研究家・フライクリエイター 刈田敏三

 

 

HATCH ICONIC REEL 発売!!

2021.07.07

hatchiconic-01

 

Hatch Outdoorから新製品フライリール「Iconic」(アイコニック)シリーズが発売となります。

 

「Iconic」シリーズは、前シリーズの「Finatic」シリーズをさらに進化させました。

見た目的には、前シリーズのデザインを継承しながら、細部に新たな要素が追加されています。

前シリーズからの最大の変更点は、ドラグ周りの改良です。

デザインを見直してより機密性がアップ、高い剛性とスムーズなドラグ性能の安定性を実現しています。

 

サイズは3 Plusから11 Plusまでの6サイズ。

カラーはBlack/Silver、Clear/Blue、Clear/Red、Grey/Blackの4色です。

 

http://www.maverick.jp/products/brand/hatch/

 

TACKLE TIP July 01

2021.07.01

bigeye

 

フライを見つけてゆっくり浮かび上がってくる魚。バクンとライズ。あせるな、急ぐなと自分に言い聞かせ、頭が下を向くのを待ち、満を持してぐいとロッドを立てる。バチンというイヤな音とともに、力なくこちらに飛んでくる、フライのないリーダー。「ああ……」。そんな悲しい出来事を避けるために、果たしてなにができるでしょうか?

 

DSC_1139_2_1623745044108のコピー

 

質の高い、柔軟なフロロカーボンのティペットは、私たちの渓流フライフィッシングを変えてしまったといっても言い過ぎではないでしょう。フロータントを塗ったフロロカーボンは水面に乗せておくことができ、水よりも比重が高いことは細番手ではあまり問題になりません。ナイロンに比べて突出して高い耐摩耗性が、渓流環境に最適ということが分かってきました。渓流では、フロロカーボンティペットはナイロンのリーダー本体に結んで使うことになります。リーダーがフロロカーボンだと、太いところが一気に沈んでしまい、メンディングはできずデッドドリフトに大きく支障を来すからです。

 

しかしこの、ナイロン+フロロという接続には細心の注意が必要で、たとえて言うならばシラタキとワイヤーを結ぶようなもの。すこし引っ張るたびにワイヤーはシラタキに食い込み続け、いつかは切れてしまいます。木の枝にひっかかった、魚が掛かった、ファイトした……それらが生み出すテンションは、すこしずつフロロをナイロンに食い込ませていくのです。

 

IMG_7479

 

ではどうすれば良いのか? まずは、自分が使っているティペットの強さを、太さごとにしっかりと自分の手に教えておくことから始まります。日本の川で使うサイズ(私の場合は6x、6.5x、7x くらい)は、シーズン開始前、いやシーズン中でも随時、ケチケチせずにぶちぶち切って実感しておきましょう。そして、リーダーの結節がうまくいったかどうか、その手感に則って毎回判断します。強さは、ノットがない場合に比べて3割くらい低下しても仕方がないですが、半分ほどになってしまっているならあきらかに失敗。ノットが切れるとしたら、実際に魚を相手にしているときではなく、手元で仕上がりを確認しているときのほうがはるかに良いわけです。

 

そして、釣りの最中もノットを定期的にチェックして、ワイヤーがシラタキに食い込みすぎてはいないか、確認することが大事。自信を持って締め込み、きちんと強度も出ていると確認したノットが、1時間もすると急にブチンと切れることはまれではないからです。結局は感覚が大きな要素となるノット作り。そのためには、手の感覚の定期的なチューニングが必要になると思います。

 

Knot

 

 

東 知憲

天塩川の初夏スイング — WildなLife

2021.06.02

Chiba_port

 

 

私のメインフィールド、天塩川はとても特殊な釣り場です。川幅は広く、魚は必ずしも多いわけではありませんが、きちんと釣りを組み立てていくと必ず報われる。ニジマスとアメマス、イトウが主な対象魚ですが、今回はニジマスの初夏の釣りに関して、私のメソッドと考え方をお教えしましょうか。

 

私は、フライをキャストしてスイングさせる釣りにこだわっていますが、ニジマスはスティールヘッドやアトランティック・サーモンなどの魚とは行動が大きく違います。生殖活動をすべてに優先させるようギヤが入った遡上魚ではなく、基本的には川に居着いている魚なので、その行動は摂餌がメイン。6月になると天塩のニジマスは水生昆虫をよく捕食するようになり、ライズすら見せます。そんな魚をスイングで釣るためには、水面近くでウエットフライないし小型のチューブフライを使うのが向いています。

 

Chiba_Flies

 

 

ラインはエアフロのD/X ヘッドに10フィートのポリリーダー+ティペットを付けますから、実質上50フィートというミッドベリーに近いシューティングヘッドと考えることもできます。通常のスカンジナビアン・ヘッドやスカジット・ヘッドよりも長いのでキャスティングのテクニックはより高いものが求められますが、あまりランニングラインをたぐり込まずに投げられますのでテンポが良く、効率はずっと上がります。

 

Chiba_Sakana

 

 

私がやっているこの釣りは、時合いの頂点にいる魚しか相手にしていません。時合いというのは、水温、水量、気圧、光量、その他のさまざまな要因が影響してきますが、そのベストな時合いの中でも、スイングされているフライに反応するのは一部の魚でしかないのです。最高の効率を求めるならば、インジケーターをつけてニンフを流したり、シンキングラインでリトリーブしてやれば良いのはわかっていますが、それでも私はスイングの釣りにこだわりたい。リトリーブの釣りは休憩がなく、釣れないとほんとうに辛いのですが、スイングの釣りは違います。キャストしてラインの形を整え、スイングに入れば、回りを見回したり環境を楽しむ余裕も出てきます。フライが真下まで泳ぎ切ったら、またリズミカルにキャストを繰り返すわけです。10人並んでも、ローテーションを組んでまったく問題なく釣りができます。

 

神奈川生まれながら、北海道に長く住んだある人が「天塩川って、最後にたどりつく釣り場だね……」と言っていました。1日に何回か来るであろう「ズーン」というアタリを心から楽しむことができれば、あなたはスイングのとりこになってしまうでしょう。昔と比べると、何が何でも魚を引っ張り出してやろうという野武士的な釣り人は減ってきたようで、この周辺では大人な釣りのカルチャーが生まれつつある気がします。これだけ釣ったぞ、という承認欲求や競争心に基づく釣りから、究極の満足感を求める自分中心の釣りへ、意識が動きつつある感じですし、この川をスイングで釣りたいと思う人が増えるのは大歓迎です。私個人としては、歯磨きと同じように日常的に、ストレスを感じることなく釣りができるすばらしいフィールドなんです。ぜひあなたも、一度。

 

 

Wataru_sakana

 

Wild Life 店主 千葉 貴彦

SIMMS & Scott Pro Staff

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column