でかし楽しの「6パラ」

2022.10.01

Toshi_port

 

 

我がヒットフライは、二度と使わずに持ち帰って保存してある。そのコレクションボックスの端に、あまり刈田チックでない異様なフライが並んでいて、それが6パラ。フックサイズ6番のパラシュートタイプドライフライのことで、超大型のシャックドリフターをイメージしている。もっと大きくても歓迎だが、必要な条件を満たすフックをまだ見つけていないので6番にとどめている。ドライフライに仕上げる大型フックなので細軸、そしてもちろんバーブレスであるべきだ。フックシャンクは生物っぽくカーブしていないといけない。

 

k1001

 

サイズ比較用として6パラの下に刺してあるのは、24番のコカゲロウスペント。どちらもすごくよく釣れるスペシャルフライだ。スペントは、難易度の高い連続系ライズ対応のスペシャルフライ。他方、そこに来ているなとわかっていても、なかなかライズしない厄介なヤツを飛びつかせられるのが6パラなのである。

 

k1003

 

栃木県でのこと。ヤマメしかいないはずの川幅10メートルもない渓流。昼ころにライズを探しながら堤を歩いていると、平瀬の流心でモワッと大きなディンプルライズを見た。シメシメと準備して、川に降りキャストポジションについた。けれど一時間経ってもまったくライズが続かない。イライラと流れを見つめていると、巨大な魚影が左右に動いている様子がぼんやりと見えた。手が震えた。それなのに一向ライズしないまま、更に一時間。困り果ててよくよく考えるうちに、先ほどの水紋はノーマルなライズでなかったのじゃないかと思いついた。あの魚体なら上層で反転しただけなのかも・・・だったら6パラで驚かしてやろうと考えた。14時3分、ガボンと6パラに出たのはニジマス。刈田好みなポッチャリで無傷な魚体なので、ずっと下流から遡上してきた個体なのかもしれない。

その魚の捕食物が上の写真だ。フタバコカゲロウのシャックも見えるが、ほとんどがヒラタカゲロウのシャック・・・やっぱりだね。あの魚体でシャックばかり食べていたのでは、欲求不満にもなるだろう。6パラというデカフライは、こういうトラウトをも飛び出させる、恐ろしくも楽しいフライなのである。ともあれ、水生昆虫の脱皮が日中メインに行われるというところが重要。それで日中のライズにシャックパターンが有効となる。

 

k1004

 

捕食例その2。大きなドリフターとはどんなものかといえば、たとえばこのヘビトンボのシャック。コカゲロウのダンやチェルノバマダラカゲロウ のシャックも食べてはいる。それでも推定50ミリもある大きなシャックが流下してくれば、パックリといくのだ。

 

k1005

 

捕食例その3。小さなシャックをごっそりと大量に食べていた個体が、体長20ミリを超えるストーンフライのシャックが流下してきて2頭食べ、一気に活性が上がってフライに飛び出して釣られてしまった。この捕食例からわかるように、あれこやこれやの小さなシャックドリフターにマッチするのは難しいけれども、大きなドリフターならパックリというケースもある。ちょっとずるい? しかしこういう裏技的フライフィッシングも覚えておくと良いのでは。

 

k1006

 

矢印に見えているヒレが、ライズの名残なのかはよくわからない。一発系で、連続しては起きない「ライズっぽい現象」の可能性もある。それでもでかいトラウトがそこにいて何やら活性高く動いているということは確かで、こういうトラウトには6パラシャックが効く。

 

k1007

 

6パラは、ハッチではなくて、年中いつでも流下する可能性がある大型シャックにマッチするフライ。そこが良い。いつでも日中に使えるビッグドライフライだから楽しい。ハックルには、細くてもハリのあるヒーバートのドラフライハックルを使っている。接水面のハックルファイバーを水平に巻くことで、薄いハックルなのにぽっと浮く。シャックのボディは、水面下をドリフト。パラシュートパターンのメリットを最高に発揮できるようにタイイングしてある。良質なハックルは、この程度の量でよく水面を捕まえる。ハードな着水は、強く不自然な水紋を引き起こし、繊細なライザーを警戒させてしまう恐れがあるから避けたい。6番のフックはそれなりの重さがあるのに、長いハックルファイバーがフライのソフト着水を可能にしてくれる。ボディには、下巻きでシルエットを作ってからヴェインファイバーのダークシャックを巻いてある。

 

k1009

 

6パラフライを自在に流心へドリフトするために、ロッドは5番がベスト。よく使うのは、スコットのG905にairfro RIDGEラインのWF5。モンスター大歓迎のシステムだな。

 

刈田敏三

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column