曲がるロッドが好きな件

2022.09.06

bigeye

 

 

 

キーボードを叩くことは私の大きな仕事の1つですが、この程度の小さな肉体労働でも、毎日少しずつ無理が積もれば故障につながってきます。かつてラケットスポーツで故障の種を作ってしまったところに、昨年の渓流ですこし手を痛めたこともあり、ライトラインの釣りでもロッドハンドに痛みが出るようになりました。お医者に言わせれば安静が一番、なのですが季節と魚は待ってくれません。

 

フライフィッシャーは年齢を重ねるごとに柔らかいロッドが好きになってくる傾向にあるようです。経験を重ねていくと、趣味性を高める方向に嗜好が振れていくのが理由だろうと思っていましたけれど、そうでもなさそう…… 故障を自分で体験して分かりました。質の高いデザインを与えられた、よく曲がるロッドの利点とは? 皆さんも考えてみてはいかがでしょう。私のいまの答えは、

 

IMG_5820-2

 

○ 深く曲がり込むことで、てこの長さが実質上短くなり、手にかかる負荷が軽減される。

○ 曲がっている時間が長いので、キャスティングのテンポもゆっくりになる。

○ ループの発生位置が低くなるので、すぐ着水させることができ、風に強くなる。

○ 曲がった部分を後ろにある「オモリ」として使う事ができるので、向かい風に強くなる。

○ 掛かった魚が外れにくく、ファイトも短時間ですむ傾向にある(気がする)。

 

フライロッドの難しさとは、少し硬くなると上の番手に、柔らかくなると下の番手に移ってしまうことですし、そもそもが各人の釣り方、ライン、釣り距離、好みなどによって曲がりの基準は変わってきます。「自分が投げる距離で、いつものテンポ感で投げて快適なら、選択したラインとの組み合わせは可」くらいにゆるく考えておいた方が良いでしょうね。

 

私はスコットをはじめ多くのメジャーメーカーが現在採用している「単番手指定」(たとえば#4指定)に賛成ですが、それはあくまで汎用基準と考えておきましょう。前後それぞれ1番手は調整範囲として含んでおくべきですし、指定からズレたラインを使う事に抵抗など感じる必要はありません。そういった意味で、かつての時代にラス・ピークやウォルトン・パウエルが採用した3番手指定というのも、とてもよく理解できるのです。

 

東 知憲

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column