イトウのスイング用ライン — WildなLife

2020.11.27

Chiba_port

 

 

道北の名寄に住んでいる私は、天塩川がホームです。圧倒的な自然の中を流れ、貴重なイトウが海と自由に行き来できる環境の天塩は、アトランティックサーモンやスティールヘッドのような方法でスペイキャスティングをし、釣りをすることができる、とても貴重な釣り場。そんな釣り方のために、私はラインをカスタマイズしています。

 

やる気のあるイトウを良いタイミングで狙っています。T-14などタングステンの入った重いシンクティップをどんと沈めて釣る、ウインター・スティールヘッドみたいなやり方もしていましたが、あんまり釣れないので、結局はインターミディエイトのティップやフル・フローティングに落ち着いています。ロングベリーのスペイラインで、ティップが交換できて、カムイ18フィートに合わせられるものが存在すればいいんですが、見つからないもので、結局は市販品を組み合わせて、長いシューティングヘッドにして使っています。シングルスペイ一発で打ち返すことができ、ターンオーバーがスムーズで、飛ぶラインが欲しかったんです。スカジット的なデザインだけですと、重さが集中しているのはいいんですが、どうしてもターンオーバーがぐちゃっとしてしまう。きれいにスパッと落とすためには、絶対的に長さが必要なんです。

 

IMG_0685 

 

ロッドを曲げる重さをおもに作ってくれるのは、エアフロのスカジット・ドライバーです。720グレイン (10/11指定)ありますが長さは25フィート。これに、ジャパンカスタムの 「X-パーパス・シューティングヘッド」5/6番指定を、先端部の延長としてつけるわけです。重さは280グレインで、33フィートあります。合計して1000グレインちょうどの、58フィートヘッドができました。ちょっとヘンな使い方なんですけど、エアフロの「スカンジ・ロング」は600グレインまでしかありませんし、つねに可能性のある大型イトウに対しては重量級タックルが必要なんです。ほんとうはもうすこし長くてもいいんですが、この先端にさらにポリリーダーをつけるとこんどはターンオーバーが悪くなってしまうので、今はフロロカーボンのティペットを直接つけるだけにしています。

 

 

IMG_6885 2

 

 

 

どうしてもバックスペースが取れないようなタイトなところでは、前述 D/Xヘッドのインターミディエイト、13/14指定を単体で使います。これは43フィートのヘッドで、620グレインしかありませんが、カムイと組み合わせてもけっこう飛ぶんですよ。天塩川の河口でオーバーヘッド・キャストを繰り出し、イトウをリトリーブで釣るときは、いちばん比重の高い DI-5 がいいです。

 

やっぱりフライラインって、自分の用途に合わせて使いこなせるのがいちばんです。昔は、あれを切ってこれと組み合わせて溶着して、という試行錯誤の迷宮に入っていましたが、定評のあるものを買って使いこなすのがベストだと思います。選択肢を増やしすぎると、あんまり良いことはありません。エアフロの製品は、どれも世界各地でテストと実践を繰り返された、寿命の長いものです。それらを使いこなし、必要とあらば私のように最低限のカスタマイズをするという考え方がいいんじゃないかと思いますね。私はこのセットアップを、カナダのスティールヘッドにも持っていこうと思っています!

 

 

Wild Life 店主 千葉 貴彦

SIMMS & Scott Pro Staff

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column