スイング&ドライ— 下山日記

2019.06.08

Shimoyama_Profile

 

北海道は、河川の雪代も収まってきてシーズンインです。湖では春蝉も鳴き始め、大型のドライフライを楽しめる季節になります。仕事の合間を縫って、良い釣果も聞き始めた支笏湖に通っています。

 

数日前も、この時期に1本は釣っておきたいと思い早朝の霧が立ち込む中、ロッドを手に湖畔に向かいました。無風の凪状態。湖の釣りでは、なかなか厳しい条件ですが、可能性はあると信じて秘策のセミフライを採用。このフライは、シースールータイプでボディが空洞になっており、どんな状況でも浮いています。フロータントがいらないので、スペイキャストでの釣りにはとても有効。アンカーを入れる際、フライは必ず着水しますが、吸水しないので浮力は維持されます。これは友人の息子さんが私のために手間暇掛けて作ってくれたフライなので、どうしても良い魚を釣りたいと考えていましたが、6時間振り続けるも水面は炸裂せず。

 

IMG_2765

 

魚は釣れなくともフライのポテンシャルの高さを実感できたので、良い釣行でした。これからがドライフライの本格的なシーズンですので、諦めないで再挑戦しようと思います。

 

河川もこれからがベストシーズンを迎えます。本流域はまだ雪代も残っている状態ですが、支流域は水も落ち着きはじめ、ライズも見られるようになりました。今シーズン始めてのシングルハンドの釣りは、SCOTT社のGS885を試そうと実釣に持ち出しました。川の状態はまずまずですが水温が若干低かったので、ニンフを結んで川に入りました。

 

IMG_7880

 

両岸に木々が生い茂り、バックが取れないので重たいニンフをロールキャストでポイントまで投げる事にしました。ミディアムファーストのアクションが操作を容易にし、思ったポイントまでフライが到達する確率があがりました。技術ももちろんですが、道具もやはり大切だとあらためて納得です。

 

ファーストポイントでは、ナチュラルにニンフを流すも反応なし。しかし何となく気配があったので、今度は上流に立ち位置を変えてからニンフを入れました。するとニンフが水面に向け浮上する時に反応したのか、流し終わりに手元に強烈なあたりがあり、ロッドが絞りこまれました。川の流れも重く不安でしたが、何度となく走られるも、ロッドが満月にしなり、バラす事なくキャッチすることができました。SCOTTのロッドは魚がばれにくいとの友人の言葉が頭をよぎりました。魚のパワーをロッド全体で吸収してくれるのでしょう。今後もこのロッドとは、長い付き合いになりそうです。

 

DSC01082

 

 

ドリーバーデン店主 下山巌

SIMMS & Scott Pro Staff   

 

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column