テレストリアルシーズン Rene’ Harrop: Bonnie Harrop photo

2015.09.05

A Trout Hunter[5]

いつもはトラウトの興味を独り占めできるメイフライやカディスも、毎年ある時期が来ると、ハッチをしない別の捕食対象と、トラウトの注目を分け合う必要がある。

         水中から水面に上がってくる水生昆虫と違い、テレストリアルであるビートル・アント・ホッパーなどは陸が住処である。本来は陸または水辺の植物に生息するテレストリアルがトラウトの餌となるのは、強風や落下により不本意にも水面に触れてしまった時だ。

理由はまだ明らかではないが、トラウトは多くの捕食対象の中から特にテレストリアルを好んで捕食する傾向がある。だから多くのアングラーはテレストリアル・フライが非常に効果的になる7月の終わりから9月半ばを楽しみにしているのだ。

         テレストリアルの時期になると、風が運んできてくれる魅力的なインセクトを求めて、トラウトが川や湖の岸を巡回し始める。

         ホッパーやクリケットは体長が1インチ以上になることもあり、トラウトが惹かれる理由は明らかだろう。そして水面を強く蹴る特徴があり、激しい動きにも惹きつけられるのだ。

Black CDC Cricket

 

Cricket

CDC Rubber Leg Hopper

 

ビートルの成虫も大きくはなるが、何もトラウトは大きさだけを求めているわけではない。数フィート先の14番〜16番サイズのビートルを求めてくるのを見たことがある。私自身、さらに小さなサイズのビートル・フライも持ち歩いている。

Small Beetle-Big Rainbow

Black CDC Beetle

羽蟻や水バチは飛ぶことができるため、ヘンリーズフォークのような広い川でも全域で見ることができる。時にはメイフライのハッチに相当する数が水面に浮くこともあり、14番サイズに近づくにつれ、グリーンドレイク同様の興奮が味わえる。一方でトラウトはサイズに関係なくアントを好むため、私のフライボックスには必ず24番サイズが数個入っている。    

CDC Winged AntDark Honey Water Wasp

空気が冷たくなる頃、テレストリアルの季節は終わりに近づき、冬の到来を告げる。しかしそれまでの約8週間、ドライフライアングラーをこれほどまで笑顔にしてくれるインセクトは、他にない。

 

Ant Business 

 

The Tools of a Trout Hunter

By

Rene’ Harrop

(Bonnie Harrop Photos)

 

 

 道具のクオリティーを選ぶのは私たちの手にかかっている。つまりロッドやリール、ラインやリーダーの性能が悪かったがために釣果が上がらなかった、という言い訳は通らないのだ。私が好んで使う以下のツールは、実際に釣りで使用した経験、そして商品製造に携わる人達との信頼関係によって厳選されたものだ。

 

Rod

Scott Radian 904/4

Scott Radian 9'0   4 Line[3] 

Reel

Hatch fanatic 4 Plus

 

Line

Airflo Elite DT4F

Hatch Finatic 4 Plus-With Airflo Elite DT4F Line[3] 

Leader and Tippet

TroutHunter

 TroutHunter Leaders and Tippet[5]

 

Rene’ Harrop

  • 全ての新着情報
  • News
  • Products
  • Column